日本語教育能力検定の概要と日本語教師のニーズ

日本語教育能力検定の概要と日本語教師のニーズ

女の人

日本語教育能力検定とは

日本語教育能力検定とは、簡単にいうと日本語教師を目指している方に向けた試験のことです。日本語を教えるときに必要とされる知識やスキルが試されます。日本語教育能力検定の資格を持つことで、民間の日本語学校に採用されやすくなります。

スーツの人

試験の概要

日本語教育能力検定では、「言語と社会」、「社会・文化・地域」というように区分がされています。それぞれの区分に必要な知識が求められます。試験はⅠからⅢまであり、試験Ⅰは90分、試験Ⅱは30分、試験Ⅲは120分の回答時間が与えられます。

女の人

ニーズが高まる日本語教師

インターネットが普及して国と国との境目がなくなりつつある現在、日本語の需要も高まってきています。そのため、日本語教師のニーズも増えてきていて、多くの学校や施設で日本語教師は必要とされています。外国人に日本語を教えたい方は、日本語教育能力検定の取得を考えてみてはいかがでしょうか。

ビジネスマン向けか子ども向けか

ビジネスマン向けの日本語教師

ビジネスマンに向けて日本語を教える日本語教師は、ビジネスでの正しい敬語の使い方や、日本のビジネスマナーについて教えることがメインとなります。

子ども向けの日本語教師

子どもに向けて日本語を教える日本語教師は、日常で使う簡単な日本語や、折り紙や日本料理などの日本文化について教えることがメインとなります。

広告募集中